小学校の英会話事情はどうなっているの? - リトミック英語教室windy

小学校の英会話事情はどうなっているの?元教員が疑問に答えてみた。

リトミック英語教室windy > コラム > 小学校の英会話事情はどうなっているの?元教員が疑問に答えてみた。
小学校の英会話事情はどうなっているの?元教員が疑問に答えてみました

「小学校では英語が必修になる」

かつて、英語は中学校から習うのが当然だったので、びっくりしてしまった親御さんは多いかと思います。そして、「今は英語を身につけないと小学校にもついていけない」のような宣伝・報道がされ、英語教育は加熱しています。

でも本当に、塾通いまでしないと小学校の英語にはついていけないのでしょうか? 英語教室を開講していて、なおかつ小学校で教員(英語専科などではなく、担任として、です)として働いた経験のある私が、お答えします。

習い事をしないと小学校の授業についていけない?

小学校の英語を学習する量は明らかに増えていますが、習い事をしないとついていけないほどではありません。英会話教室の先生が言うのもなんですが…。大人も子供も焦ってしまう前に、まずはどれくらいの時間が小学校で割かれているのか、次に、小学校の英語は何を教えているのかをお読みいただけたらと思います。

一年間に行う授業の時間としては、新学習指導要領が始まる2020年は、3・4年生35時間、5・6年生は70時間が必修になります。なお、今は変化する前の「移行期間」なので、3・4年生が15時間、5・6年生は50時間です。私が勤めていたときが、まさにこの頻度でした。3・4年生は大体、2週間に1回、5・6年生はだいたい週に1回です。

参考:特集 授業時間、どう確保する?【光村図書】

授業の数だけを見ると、明らかに増えています。しかし、次のチャプターでお話しするように内容はさして難しいもの、高度なものではありません。むしろ、今は時数が少ない分、急ピッチで学習していて、現場のネイティブが「2週間に一回じゃ身につかないよー!」と感じている、現状があります。英語が本格的に導入されると、「今の倍、英語を詰め込む(だから塾に行かないと追いつかない)」のではなく、「ゆっくりと学習ができるようになる」のです。

小学校では英語のどんなことを教えているの?

小学校では、主にゲームやジェスチャーを通して単語や表現を覚えることが中心です。定番の遊びは、英単語のビンゴや、英単語のカルタ取り、動物のジェスチャーをして、何の動物かを英語で言わせる、といったものです。始まりと終わりは、英語の歌を歌うことが多いです。私の勤めた市では、外国人の先生がノリで惹きつけるように指導することが多く、大柄な男性の先生だと、子どもをアクロバティックに持ち上げて大人気だったりしました。

ただし、授業のゴールは外国人と流暢に話すことではありません。文部科学省が打ち出した目標は、次のとおりです。

  1. 言語を用いて主体的にコミュニケーションを図ることの楽しさや大切さを知ること(意欲が大事なのであって、テクニックではない)
  2. 英語の音声やリズムなどに慣れ親しむとともに、日本語との違いを知り、言葉の面白さや豊かさに気付くこと(気持ち的に受け入れていればOK)
  3. 日本と外国との生活や習慣、行事などの違いを知り、多様な考えがあることに気付くこと(知っていればOK)
  4. 異なる文化をもつ人々との交流などを体験し、文化等に対する理解を深めること(発音そのものがネイティブになることは目指していない)

参考:小学校外国語活動・外国語 研修ガイドブック【文部科学省】

読んでお気付きの方もいるでしょう。そう、中学校で習ったような英語の学習とは、かなり違うのです。

中学校では、導入から文法一直線!もちろんそれも非常に大事です。ですが、文法から詰め込んでも吸収できない人が多かった、だから日本人は英語が上手じゃない、そこを解消しよう、というのが小学校英語の取り組みなのです。決して、小学一年生に「”This is a pen.”はSVC文型で〜」なんてことは教えません。そのようなことより、外国語への抵抗をなくして、日本語と違う英語は面白いな、という英語にポジティブな気持ちを持つことが、目標とされています

あれ、小学校の先生、英語はどうしてるの…?

現状、英語を話せる小学校教員はほとんどいませんが、システムがなんとかしています。先生たちは、「外国人など講師の力を借りながら、名目上は担任が主役として英語の授業をしている」という状況です。

小学校の先生はご存知、国語や算数といった基礎の勉強はもちろん、人間関係やコミュニケーションを教えていきます。はっきり言って英語より数倍も大事なことです。その上で先生が英語も身につけろという世の中の動きは、酷というもの。

私の勤めた市では、外国人の講師や日本人の指導員が来て、英語を話したり発音の見本を見せてくれたりしました。それでも、あくまで授業の主導権は担任!職員室で一休みする時間ではありません。子供が、講師の指示をちゃんと受け取っているか、そして目標である「外国語への親しみ」「日本語と違って面白いということに気づく」を達成したかどうか、という点を見とって、評価するのです。(ごく稀に、担任が教えることもあります。ハッタリ勝負です。)これはあくまで私の予想ですが、「日本全国、担任もごく普通に英語を教える時代」というのは、来ないのではと思います。

世の中に煽られた不安より、柿生のwindyは「自信をつけること」をめざします。

こうしてみると、いかに世の中の子供達、親御さんたちが英語への不安を煽られているかがお分かりかと思います。現場の教員はちょっと大変ですが、子どもとして授業を受ける分には、塾に行かないと追いつかないほどではありません。むしろ、子どもや親の不安を煽る宣伝文句は、塾の格好の宣伝材料になっていると言えます。

私の教室windyでは、「将来への不安」でなくて、「今、英語を身につけて本人が自信をもつ」ことを大事にしています。英単語を一つ覚えれば、ネイティブのような発音が一つできれば、嬉しくなる。これは、サッカーで点を取ったり、ピアノの曲を一曲マスターしたりするように、シンプルに楽しくて、成長につながる喜びです。

まとめ:小学校は英会話重視、ただし塾に行かなくてもついていける。

小学校で英語教育は盛り上がっています。でも、時数や内容をよく確かめると、塾にいかないとついていけない、ほどではありません。会話への親しみや度胸が重視されるからです。教室を開いている私だからあえて申し上げますと、不安を煽られたまま教室に通わせるよりは、本人に意欲と英語へのポジティブな気持ちがある上で英語を習う方が、ずっと子どもの幸せにつながります。もちろん、そんな気持ちを持った子どもたちを、windyではお待ちしております!

この記事についてのご意見・ご質問やリトミック英語教室windyへのお申し込みは お問い合わせフォームよりお願いいたします。

▲ windyについての先頭へ ▲